皆さんこんにちは。
BUYCLUBブログの渋谷です。

新型コロナウイルスで被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
今回はコロナで買い付けで大きな支障が出たなどの問い合わせなど多かったため、緊急で1本記事を書きますね。
国からの現金給付100万/200万円の持続型給付金受け取り方法なども随時更新していく予定です。
殴り書きのようになるかもしれませんがご了承ください。

.
さて、いただく問い合わせで特に多いのがコロナで買付先が閉店した方です。
イタリアやフランスで実店舗からの買い付けのみで運用していた方は軒並み閉店したことで、仕入れに致命的なダメージを負った方も多いと思います。

ただ、今の現状を完全に悲観するのは早すぎます。
今BUYMAでは売り上げを伸ばしているバイヤーと売り上げを下げているバイヤーがいるのです。

自宅要請などの影響を受けアクセス数などの増加はあるものの、
買い付け出来ず、多くのバイヤーが活動停止に追い込まれています。
しかし、そんな状況下でも新しい仕入れルートを構築し、買い付けを実現している人がいるのです。

現在のBUYMAはそしてそういった買い付けできるバイヤーが市場を独占し、荒稼ぎしているような状態になっているのです。

恐縮ながら僕自身はアクセス、売り上げ共に右肩上がりに増加しており、
言い方が悪いですが、状況を上手くコントロールし、売り上げに繋げています。

「もうコロナだし無理だわ~」って投げやりになっている人、
こんな状況になっても売り上げを伸ばしているバイヤーは数多くいます。

どうしてもカバーしきれない人は給付金の制度もあるので、最後まで目を通していただけると幸いです。

今諦めている人は勿体ない。今は”攻め時”です。

.
・今、高値売りをやっていて、EU圏内の実店舗からの買い付けでショップが軒並み閉店し甚大な被害が出た方。
・オンラインVIPを貰っていたショップが一時閉店し、仕入れが完全に途絶えた方。

僕も長いことBUYMA業界でやってきたので今絶望的な気持ちになっている人の気持ちは痛いほどわかります。
痛い程わかりますが、どうか諦めず、今こそ新しい方向性を見つけて動き出すチャンスとポジティブに捉えて一緒に乗り越えましょう。

多くのセレクトショップは、シーズンごとに仕入れの予算を決められており、
人気商品もそうでない商品もブランドから卸して販売しています。
基本的には売れ残ってもブランドへ返品は出来ないので、今営業を完全にストップするわけにはいかず、稼働を続け、価格を下げるなどして売り切ろうとする店舗が多いのです。

その為、圧倒的にVIP交渉が、成功しやすい状況になっています。

例えばVIPを貰っていた取引先のショップが閉店した方は、

「今まで取引していたショップがCOVID-19の影響で一時閉店した。
その店では月にこれくらい買っていた。だから、私はこれだけ買うことが出来るんだ。
こうこうこうでこうだから私にVIPの権限を与えてほしい。これくらいの割引が欲しい。」

とショップへ具体的な数字を交えながら訴え、交渉し、新しいルートを確立しましょう。
いつになるかわかりませんが、コロナが収束した時も、その仕入れルートは継続してVIP割引が使える可能性が高く、それは今後もあなたの仕入れ力へ繋がります。

実店舗買い付けの人はまだ稼働している国を新たに開拓しましょう。
これも今後あなたの仕入れ力に繋がります。

また、新しい戦略に着手するチャンスでもあります。
直営店買い付けしか知らない人はオンライン買い付けを始めてみるのも一つです。

「新戦略1からやるなんてめんどくさいな~」って思っている人も、兜の緒を締め直し、
活動停止状態になっているバイヤーからシェアを奪ってまた新しい収入の柱を確立しましょう。

注意!セールの落とし穴

上記にもセレクトショップの現状を記載しましたが、商品を売り切るためにいくつかのショップは大幅なセールを行っており、格安で買い付けできる状態となっています。

ここの商品を出品し売り上げを上げているバイヤーもいますが、
これは僕が上記で言いたかった内容とは少々逸脱します。

このセールでの売り上げは一時的なものに過ぎず、今後継続してあなたの力になったわけではない
のです。

セールが終わったとたん、またあなたはVIPを持ったプレイヤーに抜かれていきます。
そんな売り上げには全く価値はありません。

今後長く、一強他弱の状況を作り続けられる。それこそが本当に求められることです。
積極的に交渉し、あなただけの強みを手に入れましょう。

高値売りも同じです。
高値売りの本質なんて、いかに仕入れ力を上げられるかという点にかかってきます。

もう一段レベルアップする為に動き出しましょう。

個人事業主100万/法人200万の持続化給付金

さて、これまでの話からまた大きくそれますが、いろいろ対策を行っても今更カバーしきれないって人は給付金の制度を利用しましょう。

4月7日に閣議決定された「緊急経済対策」において「持続型給付金」が盛り込まれました。
個人事業主は上限100万円、法人化している人は上限200万円で、50%以上売り上げが下がった人が対象です。

これがBUYMAではどんな感じかイメージしやすようにAさんの例を出しますね。

例えば…

【Aさん】

2019年の年商1000万円
前年度2019年3月のBUYMAの売り上げ100万円
今年2020年の3月売り上げが50万。

このAさんの場合、3月の売り上げが50%以上下がっておりその差額は50万円です。

そして給付額は以下の算定式で計算されます。

年商1000万-差額50万×12ヶ月=400万円

よってAさんが個人事業主なら上限の100万円支給され、法人化していれば200万円支給されます。

この100万や200万円に仕入れやBUYMAの販売手数料は発生しないので給付金額は丸々利益になります。

ここ重要ですね。収益補正ではなく売り上げの補正なので、仕入れや送料、手数料が売り上げの大半を占める無在庫のBUYMAでは、それらが一切発生せず給付額(売り上げが)丸々利益になります。

僕がこれをやったら損失の方が大きくなりますし、道徳的観点からもやろうと思いませんが、
出品停止にするだけで売り上げが自由にコントロール可能なBUYMAにおいて、
利益率20%以下、月商500万以下とかでやっている個人事業主はわざと売り上げを半減させて給付金を貰った方が得をするということです。

ただし、50%以上下がった人が対象となるので、例えばAさんが3月の売り上げ60万なら40%しか下がっておらず1円も支給されない。
ということになります。

これは2020年度中が対象となるので、例えば4月も5月も6月も前年度の売り上げ50%を下回らなかったが、
7月突然50%以下になった場合、その時点で申請が可能になります。

申請方法

すみません。この記事を書いている4月12日時点の内容となり、現時点で詳細はまだわかっていません。
現時点で分かっている事は申請はオンラインで行われるということのみです。

詳しい申請方法など恐らく5月上旬頃に開示されると思われます。
給付対象者もまだ確定しないので、もしかするとBUYMAで稼いでいる人は何らかの形で対象外となるかもしれません。
また、売り上げ減の証明方法もまだ分かっていないので、また新しい情報が入り次第随時更新させていただきます。

まとめ

今回緊急でコロナに関する記事を書きましたが、
間違いなく歴史の教科書にも載るであろうこれまで経験したことのない事態です。
僕らの子供は”COVID-19”ってテストで書かされるかもしれません。

東日本大震災を経験した人は水も止まり、電気も止まり、家が無くなった人もたくさんいました。
水道水レベルの水を貰うために寒い中行列が出来てそれを貰いにいっていました。
生活必需品も食べ物も買えません。

それに比べて、僕らは家にいるだけでいいのです。
とにかく不要不急の外出を控え、家にいましょう。

BUYMAは家から一歩も出ずに何百万と稼ぐことが出来ます。

何か困っていることがあればいつでも相談に乗ります。
ブログのメッセージから、またはLINEに友達追加して気楽にメッセージを送っていただいても構いません。

.
みんなでこの世界的困難を乗り越えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
渋谷一慶